本研究室では言語行動の分析を通して人間を追求します。また言語教育学を人間同士の対話の学として捉え直していきます。

学位論文

学位論文

ハーバード大学教育学部大学院 人間発達・心理学科博士論文 (1999年11月16日)

博士論文題目

Discourse politeness in Japanese conversation: Some implications for a universal theory of politeness. 336頁.

審査委員

主査 Prof. Catherine E. Snow (psycholinguist)
副査 Prof. Lowry Hemphill (socio-psycholinguist)
副査 Prof. Terry Tivnan (statistician)

PAGETOP
Copyright © 宇佐美まゆみ研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.