本研究室では言語行動の分析を通して人間を追求します。また言語教育学を人間同士の対話の学として捉え直していきます。

雑誌記事等

2012年

2012b「理性が導くことを情熱を持って実行する」『亜細亜大学 経営学部 Interview 2012』亜細亜大学 経営学部:17.1頁.
2012a「高齢者とコミュニケーション」『治療』94(2)(Series「医療を適切に受けるためのポライトネス・ストラテジー(12)」)、南山堂:184-185、2頁.

2011年

2011b「外部評価員による評価②」『多文化共生時代の協働による日本語教員養成―体験活動での教育効果を高めるWEBダイアリーの活用―』,京都外国語大学:2011年3月.
2011a「高齢者との円滑なコミュニケーションの基本にあるもの」『WAM』560、法研:26-27.2頁.

2010年

2010「高齢者とのコミュニケーションのとり方 - 保護するような話し方から対等で普通の話し方へ -」『自動車学校』46(12)、啓正社:11-13、3頁.

2004年

2004「年賀状のゆくえ」『月刊言語』33(1) (1月号特集「島のことば」)、大修館書店: 4-5. 2頁.

2002年

2002「マルチメディアとコミュニケーション」(パネルディスカッション録、国際交通安全シンポジウム、2000年9月29日)『車社会はどう変わるか』、文芸社: 56-112. 57頁.

2001年

2001「システムネットワークによる授業の変化 (4)」『東外大ニュース』108 (特集: 新キャンパスから広がるネットワーク)、東京外国語大学: 8. 1頁.

2000年

2000「日本語から見た日本文化」『平成11年度北区の国際化推進事業』: 58-91. 34頁.

1999年

1999「日本語を学ぶ若者から見た日本語」『教育と情報』497、文部省大臣官房調査統計企画課編集: 18-21. 4頁.

1998年

1998e「自由席: 言葉と思考 -「~らしい」の危険性」『週間教育資料』590、教育公論社: 50. 1頁.
1998d「ポジティブ・ポライトネスとネガティブ・ポライトネス」『Tradepia』7、日商岩井株式会社: 20-23. 4頁.
1998c「女性と言葉と日本社会」『SQUARE』110、労働情報センター: 20-21. 2頁.
1998b「高齢者を活気づける広告コミュニケーション」『月刊宣伝会議』4、宣伝会議: 48-50. 3頁.
1998a「女言葉、男言葉」『総合教育技術』3、小学館: 10-11. 2頁.

1997年

1997「女の子の「男言葉」」『東京新聞』 (日刊).8月28日付.

1993年

1993「外国人体験が日本人として日本語教師としての自分を育てる」『月刊日本語』6(2)、アルク: 26-29. 4頁.

1992年

1992「大切なのは外国語ができることではなく、うまく教えられる力 -西川寿美、森山武氏との対談録」『月刊日本語』5(9)、アルク: 7-12. 6頁.

1990年

1990「アメリカの大学で教える」『アルク地球人ムック』59 (海外就職: 特集 日本語を教える)、アルク: 71-73. 3頁.

1989年

1989d「あなたの適性は? 国際派感覚で教えたい人たちへ -倉持保男、丸山敬介両氏との対談録」『月刊日本語』2(10)、アルク: 8-14. 7頁.
1989c「じっくり話し合える研修会 -アメリカ・オハイオ州」『月刊日本語』2(7)、アルク: 90- 91. 2頁.
1989b「OPI試験官養成の講座受講レポート」『月刊日本語』2(6)、アルク: 96-97. 2頁.
1989a「テキストの開発に向けて」『月刊日本語』2(2)、アルク: 92-93. 2頁.

1988年

1988「経験者よ、来たれ」『月刊日本語』1(12) (特集-アメリカで日本語を教える)、アルク: 14-17. 4頁.
PAGETOP
Copyright © 宇佐美まゆみ研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.